CS放送で録画した番組はコピーできないので録画家電製品でダビング失敗がないように注意が要ること

CS放送を見るために必要な家電製品とは

CS放送で録画した家電機器の扱いに注意を

今ごろのブルーレイ家電製品では地上波のほかにBS放送とCS放送の録画もできたりします。もちろんBSやCSの場合は無料開放されているときを除いては有料契約をしないと録画はできませんが、かつてのVHS時代に比べればデジタル映像になって画質は実に鮮明だし、映像の管理も実に簡単になりました。映像の管理に関しては部分消去や他の映像との併結、チャプチャーという頭出しの編集ができたりなどするので見たい部分や余計な部分をいち早く呼び出したり消去したりすることがいとも簡単にできるのであります。

しかしCS放送も録画できるブルーレイという家電製品に関しまして1つ警戒をしないとならないことがあります。それは録画をするときには機器の中のハードディスクに直接録画をするわけですが、それらはいずれ満杯になるのでどれかを消すかあるいはディスク盤にダビングをするかのいずれかの選択を迫られるわけですが、ダビングをするときにはコピーができないので失敗がないようにしないとならないということです。というのもCSやBSの映像は著作権対策の一環としてコピー禁止対策がされていてダビングの際には元に録画してあったハードディスクから消えてしまうのです。つまり単なる移動に終始するのです。しかしディスク盤に指紋など汚れがついていたりなどしていたら映像が乱れて録画されてしまうのでせっかく録画した映像が見れないという泣きを見る事態になってしまうのです。そのためディスク盤へダビングさせるときには汚れていないか製造不良でないかなど最新の注意を払い、さらに万が一のリスクを避けるためにも録画モードの質を落としすぎないなどの対策をすることが必要になるのです。

Copyright 2017 CS放送を見るために必要な家電製品とは All Rights Reserved.