家電業界において、CS放送は着実に普及してきていて、さらなるサービスの向上が要求されいています。

CS放送を見るために必要な家電製品とは

家電業界におけるCS放送の進出

十数年前ではCS放送、いわゆるスカパーなどは庶民にはとても手の届かない高等所得者が娯楽として楽しむ物であり、決して見る事のない世界でした。しかし今、インターネットの普及やテレビや電波などの技術向上の利益を被り、必ずしもそれが当てはまらなくなってきています。現に、私の家庭でもWOWOW(必ずしも正しいCS放送の番組だとは言えませんが)を購読して家族みんなで楽しく視聴することができます(正確には覚えていませんが、ちなみに月2450円ぐらいでした)同じようなものでスターチャンネルというものがあり、海外の映画やスポーツなどを中心に局内で独自に作っているドラマやニュース番組などもありコンテンツは非常に充実しています。

そしてスカパーやJスポーツなど大手のCS放送局も方針を変えてきています。時代劇専門チャンネル、邦画専門チャンネルなど圧倒的なチャンネル数があるのですが、そのなかで今日一日だけ無料で放送したり、一ヶ月お試しプランなどを積極的にプロモーションして顧客確保合戦か日々行われています。これらから見て取れるのは、やはり消費者が家電にたいする意識が高まり、CS放送にかんして次第に関心を持ち始めると同時に放送局が増え、一元化されてつつあった市場が競争するようになったのだと推測されます。もう数年後したら今なんの変哲もない民放放送局が倒産してその放送権をめぐってCSの放送局が参戦する、というような事態も起こりうるかもしれませんね。

Copyright 2017 CS放送を見るために必要な家電製品とは All Rights Reserved.